2015年9月30日水曜日

ハロウィン スターバックスの紙袋で!サイレンロゴのカボチャのランタンの作り方 (ジャック・オ・ランタン DIY)



 これは、基本のランタンの作り方から、さらに難易度の高いジャック・オ・ランタン作りに挑戦したい方むけの動画です。スターバックスの紙袋を見ていたら、「これは、ランタン用の型紙に使える!」 と思い作ってみました。カボチャを貫通しないように彫刻することで、鼻や口の部分などもうまく表現できます。 それでは、早速スターバックス サイレンのカボチャのランタンの作り方を説明します。





1.必要物品を準備する

準備するもの
オレンジ色のかぼちゃ
専用ノコギリ
・彫刻刀
・果物ナイフ
・アイスクリームスクープもしくはスプーン
・スターバックスの紙袋
・ハサミ
・コピー用紙
・セロテープ
・ペン
・キャンドル
・ライター


 スターバックスの紙袋は小さいサイズのものを使用しました。カボチャのカービング用の専用ノコギリの他に、彫刻刀も必要です。




2.カボチャに穴をあけ、種等を取り出す
 基本のカボチャのランタンの作り方と同様です。専用ノコギリを使って、カボチャの上部か下部に穴をあけます。その際に最後に小さくV字の切り込みを入れておくと、あとで蓋を合わせる位置が分かりやすいのでお勧めです。

 カボチャの種やワタをアイスクリームスクープかスプーンを使って取り出します。ワタが残らないようにできるだけキレイに取り除くと彫刻しやすくなります。 




3.型紙の準備
 スターバックスのサイレンのロゴ部分を紙袋から切り取ります。カボチャの大きさに合うように拡大もしくは縮小コピーします。型紙の周りに切り込みを入れ、セロハンテープでカボチャに貼ります。

 小さいフォークなどで丁寧に縁取りしたら、型紙を外します。

 穴をあけた部分を細いペンでつなぎ、より分かりやすいように縁取りします。




4.彫刻
 縁取りした部分を専用のノコギリや彫刻刀を使って彫刻していきます。細かい部分から大きい部分、中心から外側へ向かって彫刻していきます。基本のカボチャのランタンと違い、やや高度な彫刻スキルが必要です。カボチャが貫通しないように注意しながら彫刻していきます。




5.換気用の穴
 彫刻面はカボチャが貫通していないので、この状態でライトアップすると火は酸素不足の為に数秒で消えます。前から見えない裏面に換気用の大きな穴をあけます。
 



6.ライトアップ
 キャンドルを複数入れ、ライターで火を灯します。




7.出来上がり! 


 下の写真は2014年に作ったハロウィンランタンです。写真のランタンの作り方をご覧になりたい方は下記の記事もご覧ください。

・基本のカボチャのランタンの作り方

・スターバックスの紙袋で!サイレンロゴのカボチャのランタンの作り方

・電動ドリルドライバーを使ったカボチャのランタンの作り方(2014年) 

・10秒でできる!超簡単なカボチャのおばけの作り方



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ハロウィンのランタン作りに関する目次はこちら
ハロウィン記事を見付けやすくする為に目次を作成しました。
http://ringonocafe.blogspot.com/2015/10/diy_23.html

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ハロウィンに関するすべての記事はこちら
『ハロウィン』カテゴリの記事

 私の ハロウィンのジャック・オ・ランタンのYouTube動画はこちらです。(私のコーヒーチャンネルとは別のアカウントです。)


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私のYouTube チャンネル『RINGO's Coffee Channel』 はこちら

『お気に入りのアイテム』カテゴリの記事はこちら

『基本のコーヒーの淹れ方』カテゴリの記事はこちら

『レシピ』カテゴリの記事はこちら


2015年9月29日火曜日

ハロウィン 電動ドリルドライバーを使ったカボチャのランタンの作り方 (ジャック・オ・ランタン DIY) 2014


 基本のカボチャのランタンの作り方の他にも、ちょっと変わった作り方に挑戦しましょう。専用ノコギリで彫刻が面倒だという方は、ご家庭にある電動ドリルドライバーを使ってランタンを作成することができます。

 それでは、さっそく電動ドリルドライバーを使ったカボチャのランタンの作り方について説明します。まずは、こちらの動画をご覧ください。去年、私が電動ドリルドライバーを使って作ったカボチャのランタンです。





1.必要物品を準備する

準備するもの
オレンジ色のかぼちゃ
・電動ドリルドライバーセット
専用ノコギリ
・果物ナイフ
・アイスクリームスクープもしくはスプーン
・ペン
・メジャーテープ
・キャンドル
・ライター


 まずは、私が実際に使用している電動ドリルから紹介します。もちろんですが、こちらの道具はもともとはカボチャのランタンを作るために購入したのではありません。自宅で簡単なDIY(家具の組み立て等)をする為に購入したものです。

 アメリカのホームセンター(Home Depot)で購入したものですが、日本のメーカーのものを使用しています。日立の電動ドリルドライバーと、リョービのドリルビットキットです。

 日本には同じ型番のものはないと思いますが、これは日立DS 18DMRです。オレンジ色のカボチャは硬くないので、どんな電動ドリルドライバーでもカボチャに穴をあける事はできると思います。

 こちらのリョービのドリルビットキット(A983101)は31種類のドリルビットが入っています。この中で自分が作りたいデザインに合うサイズのドリルビットを選びます。実際に使うのは3種類ほどです。




2.カボチャに穴をあけ、種等を取り出す
 基本のカボチャのランタンの作り方と同様です。専用ノコギリを使って、カボチャの上部か下部に穴をあけます。その際に最後に小さくV字の切り込みを入れておくと、あとで蓋を合わせる位置が分かりやすいのでお勧めです。

 カボチャの種やワタをアイスクリームスクープかスプーンを使って取り出します。ワタが残らないようにできるだけキレイに取り除くと彫刻しやすくなります。



3.デザインと印
 あらかじめデザインを決めておき、穴をあける箇所にペンで印をつけます。 メジャーテープなどで穴をあける間隔を測りながら印をつけるとよいでしょう。キャンドルの火が明るく灯るには酸素が必要です。換気の面を考えると、穴が多いデザインがお勧めです。



4.彫刻
 ランタンのデザインに合うサイズのドリルビットを選び、電動ドリルドライバーにとりつけます。印をつけた箇所に穴をあけていきます。

 穴をあけた際に出るカボチャのカスは後でキレイに取り除きましょう。


 面ごとにデザインを変えるのも面白いです。





5.ライトアップ
  キャンドルを複数入れ、ライターで火を灯します。



6.出来上がり!




 下の写真は2014年に作ったハロウィンランタンです。写真のランタンの作り方をご覧になりたい方は下記の記事もご覧ください。

・基本のカボチャのランタンの作り方

・スターバックスの紙袋で!サイレンロゴのカボチャのランタンの作り方

・電動ドリルドライバーを使ったカボチャのランタンの作り方(2014年) 

・10秒でできる!超簡単なカボチャのおばけの作り方


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ハロウィンのランタン作りに関する目次はこちら
ハロウィン記事を見付けやすくする為に目次を作成しました。
http://ringonocafe.blogspot.com/2015/10/diy_23.html

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ハロウィンに関するすべての記事はこちら
『ハロウィン』カテゴリの記事

 私の ハロウィンのジャック・オ・ランタンのYouTube動画はこちらです。(私のコーヒーチャンネルとは別のアカウントです。)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私のYouTube チャンネル『RINGO's Coffee Channel』 はこちら

『お気に入りのアイテム』カテゴリの記事はこちら

『基本のコーヒーの淹れ方』カテゴリの記事はこちら

『レシピ』カテゴリの記事はこちら

2015年9月28日月曜日

ハロウィン 基本のカボチャのランタンの作り方 (ジャック・オ・ランタン DIY)





 まずは、初めて作る方に基本のジャック・オ・ランタンの作り方について説明します。下の動画は私が初心者向けに作成した、基本のジャック・オ・ランタンの作り方です。動画を見ていただくと、より分かりやすいと思います。




1. 必要物品を準備する。

準備するもの
オレンジ色のカボチャ
専用のこぎり
・果物ナイフ
・アイスクリームスクープもしくはスプーン
・型紙
・セロハンテープ
・ハサミ
・小さいフォーク
・キャンドル(複数)
・ライター


 2.カボチャに穴をあけ、種等を取り出す。
 専用ノコギリを使って、カボチャの上部か下部に穴をあけます。その際に最後に小さくV字の切り込みを入れておくと、あとで蓋を合わせる位置が分かりやすいのでお勧めです。


 カボチャの種やワタをアイスクリームスクープかスプーンを使って取り出します。ワタが残らないようにできるだけキレイに取り除くと彫刻しやすくなります。



3.縁取りをする
 準備した型紙の周りに切り込みを入れ、セロハンテープでカボチャに貼ります。小さいフォークなどで縁取りします。



4.彫刻
 型紙を外し、縁取りした部分を専用のノコギリを使って彫刻していきます。細かい部分から大きい部分、中心から外側へ向かって彫刻していきます。このおばけのカボチャの場合は、鼻の穴から彫刻します。



5.ライトアップ
 キャンドルを複数入れ、ライターで火を灯します。



6.出来上がり!

 下の写真は2014年に作ったハロウィンランタンです。写真のランタンの作り方をご覧になりたい方は下記の記事もご覧ください。

・基本のカボチャのランタンの作り方

・スターバックスの紙袋で!サイレンロゴのカボチャのランタンの作り方

・電動ドリルドライバーを使ったカボチャのランタンの作り方(2014年) 

・10秒でできる!超簡単なカボチャのおばけの作り方


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ハロウィンのランタン作りに関する目次はこちら
ハロウィン記事を見付けやすくする為に目次を作成しました。
http://ringonocafe.blogspot.com/2015/10/diy_23.html

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 ハロウィンに関するすべての記事はこちら
『ハロウィン』カテゴリの記事

 私の ハロウィンのジャック・オ・ランタンのYouTube動画はこちらです。(私のコーヒーチャンネルとは別のアカウントです。)


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私のYouTube チャンネル『RINGO's Coffee Channel』 はこちら

『お気に入りのアイテム』カテゴリの記事はこちら

『基本のコーヒーの淹れ方』カテゴリの記事はこちら

『レシピ』カテゴリの記事はこちら



2015年9月26日土曜日

ハロウィン カボチャのランタン作りのコツを5つ紹介! (ジャック・オ・ランタン DIY)

 ジャック・オ・ランタン作りは難しそうに見えますが、実は意外と簡単です。

 前回の記事でお伝えしたように、オレンジ色のカボチャは扱いやすい硬さですし、パンプキンカービング専用ノコギリがあれば子供でも安全に彫刻できます。

 前回の記事
『ハロウィンのランタン作りに適しているカボチャは? 日本でオレンジ色のカボチャを購入するには?』

『ハロウィン カボチャのランタン作り - 道具は? カボチャ彫刻専用ノコギリについて』


 それでは、ジャック・オ・ランタン作りがスムーズにできるようにコツを5つ紹介します。



1.オレンジ色のカボチャは好きな時に購入しておく。ランタン作りは飾りたい当日に行う。
  カットしていないカボチャは1か月以上日持ちしますので、気に入る大きさのオレンジ色のカボチャを見つけたら、売り切れる前に早めに購入することをお勧め します。形が良いものは先に売れてしまいます。オレンジ色のカボチャをゲットしたら、湿度が低く、比較的温度が低めの場所に保管します。 彫刻するのは、飾る当日まで待ちましょう。カットした瞬間からカボチャの劣化は始まります。彫刻した当日はとてもフレッシュでイキイキしたランタンですが、使用期限は1~2日。思ったよりも早く腐ってしまいます。ですので、彫刻は、飾りたい当日にします。キャンドルを灯して、思う存分写真を撮り、翌日もしくは翌々日にはサヨナラします。



2.作る前に自分のレベルにあったデザインを計画しておく
 ジャック・オ・ランタンは思ったより簡単にできますが、難易度はデザインによります。初めて作られる方はシンプルなデザインから挑戦することをお勧めします。一番簡単なデザインは、シンプルなカボチャのおばけ。 下の動画は、私が初心者向けに作った動画です。このカボチャのおばけのデザインは、私が適当に作った型紙を使用していますが、誰でもトライできるように簡単なデザインにしています。一見難しそうに見えるかもしれませんが、よく見ると大きな目、大きなな口、鼻の穴、結構シンプルにできています。





3.カボチャに穴をあける際に、V字に切り込みを入れておく
 カボチャの種等を取り除く為に、カボチャの上部か下部に穴をあけます。その際に最後に小さくV字の切り込みを入れておくと、あとで蓋を合わせる位置が分かりやすいのでお勧めです。(動画の1分11秒のV字カットをご覧ください。)
 


4.細かい部分から大きな部分へ  中心から外側へ彫刻していく
 細かい部分を先に彫刻し、最後に大きな部分を彫っていきます。また、中心部から外側に向けて彫ります。理由はカボチャは切り込みが入っていない方が安定して彫れるからです。大きな部分から彫ってからだと、カボチャの強度がやや落ちるので細かい部分を彫る時に誤ってポキッと割れる可能性があります。難易度が高いデザインに挑戦される場合は特に注意が必要です。簡単なデザインの場合は、それほど気にする必要はありませんが、上の動画のカボチャのおばけのデザインの場合は鼻の穴をはじめに彫り、次に目と口を彫りました。



5.キャンドルは少し多めに準備しておく
 キャンドルは1つよりも複数入れた方が、明るくキレイに灯るのでお勧めです。1つのランタンに3つくらい入れると良いでしょう。カボチャを底からくりぬく場合は、キャンドルを3つくらい載せれるように大きめにカットします。LED式のキャンドルを使用する場合も同様です。


次回は早速、基本のジャック・オ・ランタンの作り方について説明していこうと思います。




------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ハロウィンのランタン作りに関する目次はこちら
ハロウィン記事を見付けやすくする為に目次を作成しました。
http://ringonocafe.blogspot.com/2015/10/diy_23.html

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ハロウィンに関するすべての記事はこちら
『ハロウィン』カテゴリの記事

 私の ハロウィンのジャック・オ・ランタンのYouTube動画はこちらです。(私のコーヒーチャンネルとは別のアカウントです。)


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私のYouTube チャンネル『RINGO's Coffee Channel』 はこちら

『お気に入りのアイテム』カテゴリの記事はこちら

『基本のコーヒーの淹れ方』カテゴリの記事はこちら

『レシピ』カテゴリの記事はこちら