2017年3月17日金曜日

アメリカのスターバックスで即完売! Lilly Pulitzer と Starbucks のコラボのウォーターボトル

 先月、アメリカのスターバックスで発売されたS'wellのウォーターボトル。アメリカのスターバックスでは珍しく、発売早々に完売するという爆発的な人気商品です。
Lilly Pulitzer + Starbucks S’well Water Bottles

 このS'wellのウォーターボトルはLilly Pulitzer (リリーピュリッツァー)スターバックスのコラボ商品。Lilly Pulitzer とは、アメリカで人気の女性服のブランドです。春にぴったりの鮮やかなリゾートスタイル柄のS'well ボトルは、まさに Lilly Pulitzer らしいデザイン!スターバックスファンだけでなく、Lilly Pulitzer が大好きな女性なら絶対欲しくなるボトルですね。

   ■Lilly Pulitzer のワンピース
Lilly Pulitzer のワンピース

  ■Lilly Pulitzer のバッグ
Lilly Pulitzer のバッグ


 それでは、アメリカで大人気の4種類Lilly Pulitzer と Starbucks のコラボのウォーターボトルをひとつずつ見ていきましょう。


1.Lilly Pulitzer + Starbucks S'well ウォーターボトル - Sirens Calling
Sirens Calling
  4種類のS'wellボトルで、スターバックスファンに一番お勧めなのが、こちらのSiren Calling。ボトルの柄をよく見ると、スターバックスのロゴであるサイレンが描かれています。 
Sirens Calling





2. Lilly Pulitzer + Starbucks S'well ウォーターボトル - Resort Escape Floral
 Resort Escape Floral
  Lilly Pulitzer らしいウォーターボトル!ピンクとリゾートフラワーのコンビネーションは女性には人気ですよね!
Resort Escape Floral





3.Lilly Pulitzer + Starbucks S'well ウォーターボトル - Palm Beach Jungle
Palm Beach Jungle
   こちらの、ジャングル柄のグリーンのボトルは、よく見るとジャングルキャットが描かれています。ねこ好きな人にぴったりですね。
Palm Beach Jungle






4.Lilly Pulitzer + Starbucks S'well ウォーターボトル - Fresh Squeezed!
Fresh Squeezed!
みずみずしい果物と白いフルーツフラワーが描かれた、さわやかな水色のウォーターボトルも素敵です。
Fresh Squeezed!




 アメリカではオンラインとスターバックス4000店舗限定で発売された、かなり入手困難なウォーターボトル。オンラインでは即完売、ほとんどのスターバックス店舗でも完売しています。でも、相当運がよければ、今ならアメリカのスターバックスの店舗で見つけることができるかもしれません。
Lilly Pulitzer + Starbucks S’well Water Bottles


 日本では、今のところ amazon で販売されていますが、数も少ないでしょうし、こちらもすぐ完売すると思います。

●スターバックス Lilly Pulitzer + Starbucks S'well ウォーターボトル amazon 販売ページ


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

関連記事
スターバックス発祥の地、シアトル 『スターバックス1号店』に行ってきた

シアトル スタバの最新リザーブ店の見どころを5つ紹介! - スターバックス リザーブ ロースタリー & テイスティング ルーム

アメリカのスターバックスに関するすべての記事はこちら
『スターバックスUSA』カテゴリの記事

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


私のYouTube チャンネル『RINGO's Coffee Channel』 はこちら

『お気に入りのアイテム』カテゴリの記事はこちら

『基本のコーヒーの淹れ方』カテゴリの記事はこちら

『レシピ』カテゴリの記事はこちら

『お勧めの英語本』のカテゴリの記事はこちら


2017年3月2日木曜日

コスパ最高!マーナのお弁当箱洗いブラシは、色んなものが洗えて便利!

  マーナ(Marna)のお弁当箱ブラシ使ったことありますか? 私は、もう10年程このブラシを愛用しています。かなり使えるのでとってもお勧めです。
マーナのお弁当箱洗いブラシ
 マーナは、1872年に新潟県で創業された家庭用品メーカーです。ブラシを中心に様々なキッチンアイテム、クリーニングアイテムを製造販売しています。マーナの商品で有名なのが、おさかなスポンジ立つしゃもじ。 でも、お弁当箱洗いブラシもすごく優秀なんです。


購入のきっかけは・・・
 10年くらい前に、フランフラン(Francfranc)で見つけました。値段は300円前後だったと思います。ブラシなら100均でもありそうだなと思いましたが、とってもカワイイので購入する事に。お弁当箱は毎日使うから便利かなと思いました。でも、まさかこんなに長く愛用するとは思っていませんでした。

 今日は、長年実際に使用して分かったマーナのお弁当箱洗いブラシの魅力を6つ紹介したいと思います。


1. お弁当箱を洗うのに最適
 『お弁当箱洗いブラシ』として販売されているだけに、お弁当箱洗いに最適です。ブラシの毛が斜めにカットされているので、細かいところまできれいに洗えます。密閉容器やお弁当箱の細かい隙間に入るので、ストレスフリーです。
マーナのお弁当箱洗いブラシ



2.目の細かいザルもストレスフリーで洗える
 洗いにくかったプラスチックのザル、ステンレス製の粉ふるいのストレイナー、茶こしも、このブラシでストレスフリーで綺麗に洗えます。私はココアパウダーをクリームの上にふりかけるのに、茶こしを使用しますが、このブラシでササッと洗えるので助かっています。



3.洗いにくかったグラタン皿や、ケーキの型、鍋の汚れも
 グラタンは美味しいけど、食べた後の皿はカチカチとグラタンがこびりついて洗いにくい。グラタン皿に水を入れて、カチカチをふやかしたあとに、このブラシでサッとなぞればストレスフリーで綺麗に洗えます。ケーキの型も同様に水でふやかして、このブラシでサッと洗います。鍋の内側にこびりついたカチカチも同様に洗えるので、かなり使えます。



4.丈夫でコスパ最高!
 こちらが、もう10年ほど使っている私のマーナのブラシです。新品の時に比べると、ブラシ部分はやや広がってきていますが、今だに現役です。かなりの頻度で使っています。ブラシは100均が一番安いと思っていましたが、これだけ長く使えるなら、コストパフォーマンスは最高です。
マーナのお弁当箱洗いブラシ



5.小さいので場所を取らない
 私は、シンクのそばに立てて収納しています。底辺まで計算されてデザインされているのか、しっかり立てられるので、ぐらぐらしません。また、リングが付いているので、フックにかけても収納可能です。
マーナのお弁当箱洗いブラシ


 
6.毎日ちょっとだけHappyを与えてくれる
 カワイイので、キッチンでちょっとだけHappyな気持ちになります。毎日使うものだからこそ、さりげなくカワイイグッズを使いたいですね。

マーナのお弁当箱洗いブラシ
 私が使っているものは白ですが、現在はブルー、グリーン、イエロー、ピンクの4色が発売されているようです。 かなり優秀なので、日本に一時帰国する際にマーナのお弁当箱ブラシをいくつか購入しようと思っています。キッチンだけでなく、お掃除にも使えそうなので、キッチン、お風呂、洗面所など色違いでそろえてもいいかもしれませんね。






 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 キッチンのおすすめアイテム関連記事

『使える!パイレックスの蓋つき保存容器 - 耐熱強化ガラスの勧め』

『毎日必要! パイレックスの計量カップ』

『早く買えば良かった!サラダが美味しくなる、サラダスピナーのすすめ』

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


私のYouTube チャンネル『RINGO's Coffee Channel』 はこちら

『お気に入りのアイテム』カテゴリの記事はこちら

『基本のコーヒーの淹れ方』カテゴリの記事はこちら

『レシピ』カテゴリの記事はこちら

『お勧めの英語本』のカテゴリの記事はこちら